日系イスラム戦士…ミンダナオ紛争を戦った「キムラさん」のこと

キムラさんの事はご存知でしょうか? 今日はNewsのシェアです

ミンダナオ紛争を戦った「キムラさん」の正体
フィリピン南部のミンダナオ島で1970年代から続いたミンダナオ紛争。分離独立を求めて政府軍と戦ったイスラム武装勢力「モロ・イスラム解放戦線」(MILF)の中に、日系3世の大隊長がいる。祖父が大正時代に日本からフィリピンに渡って約100年、現在67歳になる“日系イスラム戦士”が経験した戦いと平和への思いとはどのようなものなのだろうか。現地で本人を直撃した。

この記事の写真を見る

■イスラム地域で暮らすキムラ一族

「こんな村まで日本からよく来てくれました。家族を集めて待っていましたよ」。約330万人のイスラム教徒が居住するミンダナオ島南西部バンサモロ地域。MILF支配地域の農村で暮らす日系3世、ハムザ・キムラ・ナイーグ(67)は心底うれしそうに筆者を迎えてくれた。

Menu

HOME

 TOP